四日市別院 本堂御修復日記 第12号

2014年06月02日

現場の動き:本堂の向拝部分の基礎コンクリートを6月初旬に打設し、基礎工事は完了します。本堂足回りは、柱根継工事が終わり、足固めの取替え工事を行っており、7月完了予定です。屋根は、小屋組の建て入れ起こし・小屋梁の取替え・小屋組補強工事を行っています。また加工場では既設縁板等の木補修工事や、瓦の製作準備も進んでいます。

国登録有形文化財 真宗大谷派四日市別院本堂保存修理工事 進捗状況 2014年5月28日現況

【縁板修理工事】

既設縁板の矧木(はぎき)・埋木(うめき)補修状況 (福岡県大工加工場にて)。

【屋根木工事】

小屋梁取替え部分の加工状況。(写真左:漏水等により傷んだ小屋梁)。

【根継工事 1】

後堂部分柱根継の状況。(根継ぎが短い所に採用:十字目違い継ぎ)。

【根継工事 2】

本堂内部柱根継の状況。(根継ぎが長い所に採用:金輪継ぎ)。

【手挟み(たばさみ)】

日田組長福寺所有の手挟み(別院と同じ大山大工が製作 【弘化年間・1844年から1847年】)を拝借し、別院手挟み制作の参考とする。

【瓦製作】

四日市別院紋 見本製作状況。(奈良県:瓦加工場にて)。