今日の言葉

2011年09月01日 今日の言葉

真宗の本尊 藤谷 知道

 今から35年前(1977年)、真宗同朋会運動15周年大会で高史明師が「念仏よ、興れ!」と獅子吼された。あの日の御影堂の光景は忘却の彼方に消えてしまったが、なぜか「念仏よ、興れ」の喚び声は胸の高鳴りのまま残っている。  …

2010年12月01日 今日の言葉

報恩講を迎えるにあたって 村上 良靜

 今年も各地各寺で報恩講が勤まる時期がやってきました。報恩講はいうまでもなく、我々真宗門徒にとって大切な仏事であります。しかし、単に宗祖親鸞聖人の御命日の仏事ということだけでなく、「報恩」つまり「知恩報徳」という大切な一…

2010年09月01日 今日の言葉

「死」と向かい合って 生き抜く 市江 康生

 日豊教区同朋の会推進員連絡協議会の総会・研修会で、田畑正久先生から、「老病死の受容」というお話しをお聞きした。「生老病死」については仏教の基礎知識として、いろいろな方から何度も聞いて来ているが、医者としての体験を交えて…

2010年03月01日 今日の言葉

「宗祖と現代」 武内 和朋

讃歌をうたう  仏教讃歌という言葉からどのようなことをイメージされるでしょうか。なじみの深い『真宗宗歌』や法座の最後に必ず歌われる『恩徳讃』、あるいはご本山での「音楽法要」を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、いずれに…

2009年12月01日 今日の言葉

「宗祖と現代」 渋谷 圓

 “助かりたい”と望む心がなかったら、宗教の世界はないのでしょう。助かりたいと思うことが自分の力でどうにかなるのだったら、神や仏に祈ったりはしないのでしょう。助かりたいと思う心と自分の力ではどうすることもできない現実に直…

2009年09月01日 今日の言葉

「宗祖と現代」 宮岳 文隆

 私は2008年9月1日発行『日豊教区坊守会だより』に「我と汝」という題の文章を書いた。その中で、「それまでの私は得体の知れない不気味な心を我として夢遊病者のように右往左往していた」という表現と「その夢遊病者のような私が…

2009年06月01日 今日の言葉

「宗祖と現代」 藤ノ原 惠行

 経営の心得として「ピンチはチャンス」というそうだ。もちろん「ピンチ」に陥った原因から結果への流れをそのまま延長しては「チャンス」になるはずもなく、そこに発想の転換が必要なことは言うまでもない。よく考えてみれば奥行きの深…