お知らせ

2010年12月01日 今日の言葉

報恩講を迎えるにあたって 村上 良靜

 今年も各地各寺で報恩講が勤まる時期がやってきました。報恩講はいうまでもなく、我々真宗門徒にとって大切な仏事であります。しかし、単に宗祖親鸞聖人の御命日の仏事ということだけでなく、「報恩」つまり「知恩報徳」という大切な一…

2010年12月01日 コラム

京都組 唯念寺 大久保 正信

 真の聞法の第一歩、それは還暦を迎えてからでした。気がついたら、ほとんど無檀に近い片田舎の小さな寺に生をいただいていた。「お寺のぼんちゃん」とか「新発意」とかいわれるのが非常に苦痛で、前住職の敷いていたレールを拒否。教師…

2010年09月01日 今日の言葉

「死」と向かい合って 生き抜く 市江 康生

 日豊教区同朋の会推進員連絡協議会の総会・研修会で、田畑正久先生から、「老病死の受容」というお話しをお聞きした。「生老病死」については仏教の基礎知識として、いろいろな方から何度も聞いて来ているが、医者としての体験を交えて…

2010年09月01日 仏事に学ぶ

宗祖の御遠忌に想う

 数年前から始まった修復工事が完成し、見事に美しく甦った御影堂。いよいよ、半年もすれば宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要が 勤まります。全国各地から多くのご門徒が本山に集まり、今までにない大規模な唱和、そして多くのイベント…

2010年09月01日 コラム

臼杵組善徳寺 佐々木 幹人

 今年のお盆は、お寺の坊守様の初盆でした。多くの人がお参りしてくださいました。  私には、二人の母親がいます。私を産んでくれた母、お寺に養子となっての母です。二人とも私のことを思ってくれた人でした。その二人に対して、安心…

2010年06月01日 仏事に学ぶ

亡き人を縁として

 本年度の教区声明講習会は、本山堂衆、鈴木友好先生よりご指導いただき、改めて葬儀を勤めることの大切さを確認させていただきました。  最近、葬儀のあり方に疑問を感じる事があります。通夜、葬儀という形式にこだわらない告別式、…

2010年06月01日 コラム

「出前授業」 尾崎 進

 数年前、小学校3年生に出前授業をし、嬉しかったことがある。理科離れと言われて久しいが、当時、教員で視覚の研究をしていた私に相談があった。3年生の教科書をみると太陽の項目があったので、テーマを「太陽のおかげで、私たちは色…