お知らせ

2005年10月01日 コラム

宇佐組 勝福寺住職 藤谷知道

宗祖親鸞聖人の七百五十回御遠忌がいよいよ近づいてきた。御影堂の屋根の修復も進み、先人のご苦労に頭の下がる思いもしているのだが、なぜだか心が今ひとつ弾まない。どこか遠い話なのだ。 世間では、学校創立何十周年というのが、よく…

2005年10月01日 今日の言葉

宗祖としての親鸞聖人に遇う 宮城顗

 私たちがこの人生を人間として生きてゆこうとするとき、問われることは、「何を依りどころに生きてゆくのか」、「なぜそれに依って生きてゆくのか」、「どのようにそれに依って生きてゆくのか」ということだと教えられました。そのこと…